ホーム ギャラリー アーティスト プロフィール 芸術活動 お問い合わせ English
芸術活動
磯田妃芳展鎌倉 2016
kamakura2016

アーテスト妃芳は2016年4月29日から5月1日にかけて鎌倉芸術館において個展を開いた。今回は、新作を含めて40作品以上が展示された。作品のなかで、 アメリカで描かれた豊かな色彩の華の中に幸せの青いバラが暖かく微笑み、力強いエネルギーを感じさせると多くの人々を魅了した。個展会場は連日大盛況で、彼女は「多数の方々から寄せられた意見や評論には、勇気と希望と愛を感じます」とコメントした。


鎌倉個展のスナップショット集はこちら











第十九回ベセト芸術際 2013
Kiho in kimino

アーテイスト妃芳はこの秋に東京で開催された第十九回 BESETO 芸術祭に招待された。祭典は9月20日ー23日の間 文京区にある日中友好会館美術館 及び大ホールでもようされ、中国 韓国 日本のトップレべルの芸術家等から出展される作品を観賞することができる。そのなかで 妃芳の「愛の賛歌」という絵画はダイナミックな薔薇の輪を刺激的な原色で描かれた作品である。







オーストラリアのシドニーを訪問   2013
シドニー大学

アーテスト妃芳は2013年の5月にオーストラリアのシドニーを訪問した。子息の磯田秀樹氏が アート インフォーマテイックス部門で’教鞭をとっていたシドニー大学のキャンパスを見学し市内の美術館まわりも楽しんだ。










ルーブルより芸術最高勲章を受賞 2012
Lourvre Award

妃芳氏がルーブル美術館世界遺産登録20周年記念で「フランス芸術最高勲章」を受賞した。彼女の作品「交流」についてフランスのクリスティーヌ・モノー氏は「人道の輝きに満ちた、新しい画才の登場を喜ぶ 閉塞感が続き、希望の灯りが見えない世に求められ、 民衆が切望する“芸術の力”とは何だろう。まるで彗星のような登場、と形容されることも多い天才肌の女流作家の新作を拝眉する度、芸術家と時代の巡り合わせの神秘―を痛切に感じる。人心を鼓舞し、老若男女を慈愛の光で包む、華麗で優しい奇跡の作品は、 今、日本の人々にどれほどの勇気を与えていることか。「交流」は、トレードマークである薔薇の豊かな生気と、遠望する色づいた原生林の色彩対比が素晴らしい効果を上げている。意識的に変えられたタッチの違いも、荘厳で味わい深い。本作は東日本大震災に関連するチャリティー作品。 被災者の気持を明るくしたいという、精魂・真心の名画である。」と感想を述べている


日仏共同チャリティーワインラベル展
Wine Label Exhibition

東日本大震災プロジェクトのの柱の被災地を支援する日仏共同プロジェクトの一環として、チャリティーワインラベル展が2011年9月 に横浜市中央区の横浜赤レンガ倉庫一号館2階で開かれた。は,日仏のアーテイスト約80人によるワインラベルの原画制作と、 それを使ったワインの販売。ナポレオンが愛飲したと言われる「シャンベルタン」の醸造元が協力し、1本1万 5330円の高級ワインに仕上げた。

Wine Label Exhibition

企画した国民みらい出版(東京都新宿区)は9月のパリで、大震災のチャリティーワインラベル展を開催。約1万1100ユーロ(約117万円)相当のワインを売り上げ、収益を被災地に寄付した。 今回は、ラベルの原画約100点とワィンの実物などが出品、展示されてた。横浜市栄区在住の洋画家磯田妃芳さんは「被災地のため にできることをしたいと思って筆を執った」と話した。


       http://www.kanaloco.jp/article から引用。上の写真はMSN-産経新聞より、下の写真はカナロコより)  


モナコ日本芸術祭 2007
モナコ芸術祭

モンテカルロ モナコ日本芸術祭2007」に参加において、セルジュ・ディアギレフ賞受賞した。










妃芳アート個展横浜にて 2007
横浜個展2007

横浜の本牧画廊で開かれた妃芳アート個展

 

 


スマトラ地震チャリティー絵画展 2005
Charity for Sumatra

スマトラ沖大地震と大津波は、約30万人の死者・行方不明者をだす大災害となりました。被害者の3人に1人は子供といわれております。インドネシアでは1000校以上の学校が被害を受け、親をなくした子供たち、怪我をした子供たちがあふれています。 復興までにはまだまだ長期的な計画と資金が必要です。そこで今回のチャリティー絵画展を企画いたしました。










妃芳アート個展東京にて 2004
Kiho Art in Tokyo

2004年にアーテイスト妃芳は東京にある大日本インキ株式会社内のDIC ホールで”Power of Colors"と云うテーマのもとに個展を開いた。 同じ年に彼女はオーストリア ウィ−ン ハプスブルク宮廷芸術会員に選ばれた。













コートダジュールの妃芳アート 2004
Canne

アーテスト妃芳は第1回カンヌ国際芸術祭にてコートダジュール国際芸術を受賞した。2004年フランスー日本芸術祭は国際芸術を祝う目的でカンヌ国際映画祭に合わせてフランスのコートダジュールで開かれた。 多くの人々による入念な準備と努力のおかげ第1回カンヌ国際芸術祭は「愛、平和、幸福と光」と云うテーマのもとにおいて実現した。クラシック絵画からモダンアートを含めた幅広いジャンルから800点以上の作品がフランスと日本の最高レベルの芸術家から寄せられた。




ウイーンの妃芳アート  2004
Canne1

2004年九月 オーストリアのウイーンで開催された宮廷美術祭典に参加した。同年ハプスブルク宮廷芸術会員に選ばれる。